FC2ブログ

今の仕事の重要性に気がついた

もともと、PC関係の修理の仕事をやりたかった訳で面接に行っても「今の家電業界は知っての通り大変なんですよー」とか言われ結局採用されることはなかった・・・

そんな紆余曲折を経て今の会社に入社して早5ヶ月
放射線測定器の点検・校正の仕事をしている

募集の背景には、やはり福島の原発問題があり皮肉にも測定器の売上げが全国で急上昇→点検・校正の依頼が例年の2~4倍に増え、今までの人員では対応しきれないので新たな事業所を開設→募集→複雑な気持ちだが仕事にありつけた

つまり、今一番HOTな仕事をしているわけだ(笑)


面接での仕事のイメージは、きっと工場で白い作業着着て小さな基板・部品をひたすらチェックするだけのものだと思っていた

だが、実際は

放射線=ラジウム・セシウム・ウランなどの線源を扱う化学の世界
測定器=仕様書・電気回路・図面などを扱う電気の世界

で、どちらも専門的な知識と技術を必要とするすごくやりがいのある仕事だった
まさか自分があの放射線物質を扱う日が来ようとは・・・
(もちろん、人体に影響がない弱い線源)


まだまだ新米な自分は、仕事場での専門的な会話についていくことができず「?」と感じる部分は多い
とりあえず、さまざまな測定器に合わせて点検の仕方を覚えていくのがやっとでどこまで理解しているのかと聞かれれば自信は全くない

ただあるのは、

放射線=怖いもの

といった漠然としたものでしかなく、勉強しなきゃなーと思わされることは非常に多い


ある日、リーダーが難しい顔をしながら説明を聞いている自分に「暇があったら、教育用の資料でも見といて」と
PCのファイルをくれた


そこで衝撃の放射線事故を知る
有名な事故はロシアのチェルノブイリだが、詳しくは知らない(調べておきます)

JCOでの事故は・・・
ん?JCOって何だ?

東海村JCO臨界事故

東海村臨界事故

日本で起こった被曝による死亡者を出した最悪の放射線事故でその悲惨さと恐ろしさは鳥肌もの
核燃料をバケツで扱って話題になった(そのことだけは覚えてた)
中性子ってこんなにヤバイものだったのかー

仕事上、中性子の測定器もあるので話だけは聞く

この事が分かっただけでも、放射線の危険性・今の仕事の重要性が理解できた


いつか、強くて危険な線源を扱う日も来るかもしれない
事故が2度と起こらないよう厳重な管理と安全を求める、心構えは十分出来たと思う
スポンサーサイト



掲載広告
プロフィール

HS

名前 HS
年齢 30代になってしまった;
性別 男
趣味 ゲーム
血液 A型

ブログの更新 不定期

リンクはフリーです

仕事嫌い

職を転々としてどれも長続きしないダメ男がどうにかして資産を形成しようと迷走するブログ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
相互リンク
アクセスカウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
5554位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
655位
アクセスランキングを見る>>